一般呼吸器内科診療および高血圧・糖尿病などの生活習慣病と密接な関わりがある睡眠時無呼吸症候群を始めとした睡眠呼吸障害の検査・治療を通じて、地域の皆様のお役に立てるクリニックを目指しています。

また必要時、あるいはご希望時は主要な医療機関へのご紹介もさせていただきますのでご遠慮なく申しつけてください。

「院長のご紹介」はこちら »

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

SASの原因

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndorome:SAS)とは、寝ている間に何度も呼吸が止まったり、気道の空気の流れが悪くなったりする疾患です。その結果、きちんと睡眠時間を確保しているつもりでも体にとっては十分な睡眠がとれておらず、起床時に頭痛が生じたり、日中の居眠りが多くなったりします。気道の空気の流れが悪くなることで生じる「いびき」も、SASによく見られる特徴の1つです。

医学的には、「一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる状態」が睡眠時無呼吸症候群であると定義されています。

「病気について」はこちら »

検査について

睡眠中の無呼吸を指摘された場合、若しくは自覚症状がある場合などにはなるべく早めに受診することをお勧めします。睡眠中のことはご自身ではわからない場合も多いので、可能であればご家族やベッドパートナーと一緒に受診されると良いでしょう。

SASの検査は、まず問診で睡眠中のこと、日中の眠気などの自覚症状、既往歴、生活習慣などについて伺うことから始まります。夜間の状態は検査で客観的に判断することができますので、起床時や日中の気になる症状について問診時に医師にお知らせ下さい。

睡眠時無呼吸症候群

検査料金

  検査料金はお電話または来院時にお尋ね下さい。

治療料金

  CPAP治療費  約 4,900円(保険適用3割負担、月1回通院)

まずは、お気軽にお電話ください。 072-253-6590

※ 睡眠時無呼吸症候群が気になる患者さまで、
初めて受診される方は診察時間内にお電話いただきますようお願い申し上げます。

「検査について」はこちら »

アクセス・地図

地図

より詳細な地図はこちら(GoogleMAP) »
※GoogleMAPの印刷方法はこちら

〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁72番地
リズィエール2F
TEL:072-253-6590 FAX:072-253-6593

●南海高野線 中百舌鳥駅北口から徒歩2分
●大阪市営地下鉄御堂筋線 なかもず駅8番出口から徒歩2分

※ 大阪市内でご勤務の方も来院されています。

●大阪市営地下鉄御堂筋線 なかもず駅からすぐの抜群のアクセス、お勤め帰りに気軽に通えます。
●火曜日から金曜日は夜19時30分まで診察、土曜日も午前中診察します。(平日受付19:00まで、土曜日11:30まで)